一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 知恵袋 > 会計・経理 > 役員社宅の敷地が複合利用となっている場合の賃貸料相当額の計算方法

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

内田英雄 税理士
大阪府
冨岡 秀樹 税理士
兵庫県
古矢敏男 税理士
東京都
石山修 税理士
千葉県
小山登 税理士
大阪府
平田実 税理士
静岡県
小林慶久 税理士
千葉県
岡谷洋志 税理士
広島県
西山元章 税理士
大阪府
大西信彦 税理士
大阪府

役員社宅の敷地が複合利用となっている場合の賃貸料相当額の計算方法
No.2660

役員社宅の敷地が複合利用となっている場合の賃貸料相当額の計算方法

お名前:なのはな カテゴリー:会計・経理 知恵袋 質問日:2017年6月30日
役員社宅の賃貸料相当額を計算するために、国税庁のページを参考に対象となる賃貸物件の記載事項証明書を取得しました。

建物の敷地が3つの地番(A,B,C)に分かれており、内2つ(A,B)は建物の敷地なのですが、残り1つ(C)について、建物利用が10%ほどで、残り90%ほどは月極め駐車場として利用されています。

この場合、敷地の課税標準額は、A+B+(Cx10%) として計算すれば良いのでしょうか。





「最適税理士探索ネット」の趣旨に全く関係ない質問や回答等をされている場合は、運営者の判断により質問者や回答者への断りなしに該当事項を削除させていただきます。

税理士への相談は、基本的に、各税理士の報酬規程に沿って「有料」だとお考え下さい。詳しくは税理士本人にお問い合わせ願います(この場合、回答者のみにお問い合わせをお願いします)。
http://www.zeitan.net/chiebukuro/会計・経理/No2660 のご回答から追加でお話を伺いたいのですが、相談料はどのように考えればよろしいでしょうか』 と、税理士に配慮した丁寧なお尋ねをしていただければ、きっとリーズナブルな対応をしてくれると思います(追加で無料回答を行ってくれる場合もあるかもしれません)。

検索  を  の  から


会計・経理 知恵袋法人税 知恵袋所得税 知恵袋消費税 知恵袋相続税・贈与税 知恵袋その他の税金 知恵袋その他 知恵袋