一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 知恵袋 > 消費税 > 本則・簡易の選択

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

平田義明 税理士
大阪府
内田英雄 税理士
大阪府
古矢敏男 税理士
東京都
西口毅 税理士
神奈川県
田邊美佳 税理士
岡山県
小林慶久 税理士
千葉県
西山元章 税理士
大阪府
大西信彦 税理士
大阪府
石井山正輝 税理士
広島県
國村武弘 税理士
東京都

本則・簡易の選択
No.2706

本則・簡易の選択

お名前:吉田 カテゴリー:消費税 知恵袋 質問日:2017年12月21日
簡易課税の選択を検討する際によく

・多額の設備投資、や何か大きな支出をする予定はありますか。

と聞かれますが、仮払消費税が仮受消費税を上回ると
本則の方が有利になるという話しだという事はわかります。

ただ、その多額とは具体的にいくらからだと
簡易よりも本則有利だという事になるのでしょうか。

会社によってその数字は違うのですか?
それとも例えば100万円以上など決まった数字が
ありますか?

どうやってその多額というあいまいな数字の概算を
予測すればよいのでしょう。
多額の支出という概算金額の算出方法が知りたいのです。

どうぞ宜しくお願いします。



No.1 回答者:古矢敏男 税理士 回答日:2017年12月25日
吉田さんの業種や規模がわかりませんので、仮に課税売上2000万円、課税仕入れ1500万円の小売業だとします。小売業は第二種事業でみな仕入率が80%ですから。納税額は2000×0.08×(1-0.8)=32万円になります。本則では160(2000×0.08)-(1500×0.08)=40万円40-32=8万円得することになります。
実際の課税仕入れの割合は75%になっています。課税仕入れが200万円増加すると本則課税では160-136(170×0.08)=24万円24万円納付でよいことになり簡易課税をすると損をすることになります。この場合には100万円を超える金額が多額といえると思います。売り上げが4000万円になればもう少し多くてもいいのかもしれませんし、課税売上が2000万円より少なくなれば100万円弱でも多額といえるかと思います。このくらいの金額を多額といえるのではないでしょうか。まず吉田さんの前年の金額で本則課税をした場合と簡易課税をした場合の納付税額を計算して。簡易課税を選択すると有利になるか不利になるかを考えることになります。参考にしてください。

注) この回答は回答日時現在の各種法令、規則等に従い行われております。その後の法改正等に関するフォローについてはこの回答上では行っておりません。なお、この回答は回答者の経験、知識等に基づき行われておりますが、あくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

回答者 東京都台東区の古矢敏男税理士事務所
この回答は  (役にたった/1件)



「最適税理士探索ネット」の趣旨に全く関係ない質問や回答等をされている場合は、運営者の判断により質問者や回答者への断りなしに該当事項を削除させていただきます。

税理士への相談は、基本的に、各税理士の報酬規程に沿って「有料」だとお考え下さい。詳しくは税理士本人にお問い合わせ願います(この場合、回答者のみにお問い合わせをお願いします)。
http://www.zeitan.net/chiebukuro/消費税/No2706 のご回答から追加でお話を伺いたいのですが、相談料はどのように考えればよろしいでしょうか』 と、税理士に配慮した丁寧なお尋ねをしていただければ、きっとリーズナブルな対応をしてくれると思います(追加で無料回答を行ってくれる場合もあるかもしれません)。

検索  を  の  から



会計・経理 知恵袋法人税 知恵袋所得税 知恵袋消費税 知恵袋相続税・贈与税 知恵袋その他の税金 知恵袋その他 知恵袋