一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 業務を受ける > 依頼案件詳細

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

内田英雄 税理士
大阪府
冨岡 秀樹 税理士
兵庫県
古矢敏男 税理士
東京都
石山修 税理士
千葉県
小山登 税理士
大阪府
平田実 税理士
静岡県
小林慶久 税理士
千葉県
岡谷洋志 税理士
広島県
西山元章 税理士
大阪府
大西信彦 税理士
大阪府

依頼案件詳細

海外居住者のFX所得の申告方法について

住所 奈良県香芝市
業務形態 個人一般
業種
事業内容
開業・設立
資本金
直近の売上高
従業員数
タイトル 海外居住者のFX所得の申告方法について
依頼業務 その他単発依頼業務
顧問税理士等を探している理由や希望すること
(地域・年齢・性格など)
お世話になっております。
他の方のご意見を参考にさせてもらったり、ネットでも調べているのですが、もう少し詳細を知りたく思い投稿させていただきました。

私は日本の会社に勤めておりましたが、2015年2月からアメリカ勤務になっており、2017年3月に帰任することになっております。
2015年はほとんどFXはやっていなかった(もしくは損失のみ)のですが、2016年はFXで利益が出てしまいました。

FX口座は、海外居住をする前から開設しており、日本国内のFX口座になります。その上で、海外居住者の取引が認められていないという事を最近知りました。(普通に扱えるので問題ないと思っておりました)

確認事項としては下記になります。
1)確定申告は日本でするべきでしょうか、それともアメリカでするべきでしょうか?
2)その際は、日本国内のFX口座なので分離課税なのか、それともアメリカなら総合課税となるのかも合わせてご指南頂ければと思います。
3)また、もうすぐ帰任するので、遅延はしますが4月以降のタイミングで税務署に対して納税するという対応も可能でしょうか?
予算 未定(応相談)
希望訪問頻度 訪問なし(電話、メールで対応)
記帳代行 まだ決めていない
状況 終了案件