一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 知恵袋 > 所得税 > 課税標準で差が出る。総所得金額等を所得金額の集約のみで表した場合

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

小林慶久 税理士
千葉県
西山元章 税理士
大阪府
大西信彦 税理士
大阪府
小川雄之 税理士
大阪府
内田英雄 税理士
大阪府
石山修 税理士
千葉県
石井山正輝 税理士
広島県
鈴木規之 税理士
静岡県
小山登 税理士
大阪府
小林拓未 税理士
東京都



課税標準で差が出る。総所得金額等を所得金額の集約のみで表した場合
No.2788

課税標準で差が出る。総所得金額等を所得金額の集約のみで表した場合

お名前:d1225 カテゴリー:所得税 知恵袋 質問日:2018年12月15日
1、所得金額の集約は課税標準を、所得税法、租税特別措置法によると理解しているところです。
 「総所得金額等」を所得金額の集約のみで表した場合、除かれるものがあり、同じではなくなるか。

2、1、は自治体が使用の「総所得金額等」でも同じか。





「最適税理士探索ネット」の趣旨に全く関係ない質問や回答等をされている場合は、運営者の判断により質問者や回答者への断りなしに該当事項を削除させていただきます。

税理士への相談は、基本的に、各税理士の報酬規程に沿って「有料」だとお考え下さい。詳しくは税理士本人にお問い合わせ願います(この場合、回答者のみにお問い合わせをお願いします)。
http://www.zeitan.net/chiebukuro/所得税/No2788 のご回答から追加でお話を伺いたいのですが、相談料はどのように考えればよろしいでしょうか』 と、税理士に配慮した丁寧なお尋ねをしていただければ、きっとリーズナブルな対応をしてくれると思います(追加で無料回答を行ってくれる場合もあるかもしれません)。

検索  を  の  から



会計・経理 知恵袋法人税 知恵袋所得税 知恵袋消費税 知恵袋相続税・贈与税 知恵袋その他の税金 知恵袋その他 知恵袋