一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 知恵袋 > 法人税 > 子会社間の営業権の無償譲渡

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

西口毅 税理士
神奈川県
内田英雄 税理士
大阪府
古矢敏男 税理士
東京都
川崎晴一郎 税理士
東京都
小林慶久 税理士
千葉県
西山元章 税理士
大阪府
國村武弘 税理士
東京都
大西信彦 税理士
大阪府
堀内勤志 税理士
東京都
福田和博 税理士
大阪府

子会社間の営業権の無償譲渡
No.2503

子会社間の営業権の無償譲渡

お名前:M1605 カテゴリー:法人税 知恵袋 質問日:2016年5月12日
A社の100%子会社であるB社の事業(通販事業)を同じくA社の100%子会社であるC社に譲渡をする際に、契約上固定資産等は簿価で譲渡することとし、いわゆる営業権は無償とした場合に、税務上は当該営業権を時価評価する必要があるのでしょうか?
譲渡する事業(通販事業)は、過去営業利益(毎年約5億円)を計上しています。
会計上は無償なので特に処理は行う必要はないと考えています。



No.1 回答者:國村武弘 税理士 回答日:2016年5月15日
事業譲渡は税務上時価で行う必要がありますので、税務上は営業権の認識は必要であり、その対価が支払われないとすれば営業権相当の寄付があったとされます。
また、100%子会社間の取引ですのでグループ法人税制の適用がありますが、自己創設のれんは簿価がゼロであるためB社では事業譲渡益を繰り延べることはできませんし、B社からC社への営業権相当の寄付金は損金不算入となります。
C社も毎年課税所得が発生しているのであれば、節税を目的とした取引ではなく両社合計の納税額はほぼ変わらないことが想定されることから、税務当局は厳しく指摘しないことも考えられますが、もしC社が赤字会社であればかなり厳しい指摘を受けるでしょう。

どうしても営業権の認識をさけ簿価譲渡を行いたいのであれば、B社からC社への吸収分割を行うことをお勧めします。100%グループ間ですので適格要件を満たすことはそう難しいことではないでしょう。
ただ、C社が赤字会社である場合には、欠損金の引継ぎ制限にかからないよう十分ご注意ください。

注) この回答は回答日時現在の各種法令、規則等に従い行われております。その後の法改正等に関するフォローについてはこの回答上では行っておりません。なお、この回答は回答者の経験、知識等に基づき行われておりますが、あくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

回答者 東京都目黒区の國村税理士事務所
この回答は  (役にたった/1件)



「最適税理士探索ネット」の趣旨に全く関係ない質問や回答等をされている場合は、運営者の判断により質問者や回答者への断りなしに該当事項を削除させていただきます。

税理士への相談は、基本的に、各税理士の報酬規程に沿って「有料」だとお考え下さい。詳しくは税理士本人にお問い合わせ願います(この場合、回答者のみにお問い合わせをお願いします)。
http://www.zeitan.net/chiebukuro/法人税/No2503 のご回答から追加でお話を伺いたいのですが、相談料はどのように考えればよろしいでしょうか』 と、税理士に配慮した丁寧なお尋ねをしていただければ、きっとリーズナブルな対応をしてくれると思います(追加で無料回答を行ってくれる場合もあるかもしれません)。

検索  を  の  から

法人税 知恵袋の他のQ&Aを見る


会計・経理 知恵袋法人税 知恵袋所得税 知恵袋消費税 知恵袋相続税・贈与税 知恵袋その他の税金 知恵袋その他 知恵袋