一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 知恵袋 > 会計・経理 > 個人事業主の所得計上について

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

平田義明 税理士
大阪府
内田英雄 税理士
大阪府
古矢敏男 税理士
東京都
西口毅 税理士
神奈川県
田邊美佳 税理士
岡山県
小林慶久 税理士
千葉県
西山元章 税理士
大阪府
大西信彦 税理士
大阪府
石井山正輝 税理士
広島県
國村武弘 税理士
東京都

個人事業主の所得計上について
No.2354

個人事業主の所得計上について

お名前:Tak カテゴリー:会計・経理 知恵袋 質問日:2015年10月26日
私はサラリーマンです。妻が有料職業紹介を個人事業で行いたいのですが、免許取得の資産要件から私が個人事業主としてし申請する必要があります。このビジネスには私は一切関与しないのですが、申請者が私で収入は全て妻とすることは可能でしょうか。私は勤務している会社で副業が禁止されているため所得を得たくないため、売上は全て妻の口座に入るようにしたいのですが、良い方法がありますでしょうか。



No.1 回答者:川崎晴一郎 税理士 回答日:2015年10月27日
ご回答いたします。

そのような外観ですと、名義貸しにあたるのではという懸念がありますので、そもそも免許の問題として大丈夫かという懸念があります。

税務的にも有料紹介を行っている奥様は免許を持っておらず、ご主人の名義を借りて運営しているということですので、その使用料はどうなるの?という問題がでるかもしれません。

会社を作るという選択肢はないのでしょうか。
会社の場合ですと、Takさんがお給料をもらわなければ良いだけですので、奥様主体でビジネスを行うのは全く問題ないと思います。

明確な回答でなくすみませんが、ご参考まで失礼いたします。

注) この回答は回答日時現在の各種法令、規則等に従い行われております。その後の法改正等に関するフォローについてはこの回答上では行っておりません。なお、この回答は回答者の経験、知識等に基づき行われておりますが、あくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

回答者 東京都港区の川崎公認会計士税理士事務所
この回答は  (役にたった/2件)

No.2 回答者:石井山正輝 税理士 回答日:2015年10月31日
税務では、実質的に収入を得ている人が収入と所得を申告することとなっていますので、妻が事業として行っているならば、妻の名義で売上代金を請求し、妻の口座に入るようにするのは問題ありません。
従って、確定申告は、妻が、自らの名前で申告すべきです。
免許の資格については、別の法律ですので、税法と結びつけて考える必要はありません。

注) この回答は回答日時現在の各種法令、規則等に従い行われております。その後の法改正等に関するフォローについてはこの回答上では行っておりません。なお、この回答は回答者の経験、知識等に基づき行われておりますが、あくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

回答者 広島県廿日市市の石井山正輝税理士事務所
この回答は  (役にたった/2件)



「最適税理士探索ネット」の趣旨に全く関係ない質問や回答等をされている場合は、運営者の判断により質問者や回答者への断りなしに該当事項を削除させていただきます。

税理士への相談は、基本的に、各税理士の報酬規程に沿って「有料」だとお考え下さい。詳しくは税理士本人にお問い合わせ願います(この場合、回答者のみにお問い合わせをお願いします)。
http://www.zeitan.net/chiebukuro/会計・経理/No2354 のご回答から追加でお話を伺いたいのですが、相談料はどのように考えればよろしいでしょうか』 と、税理士に配慮した丁寧なお尋ねをしていただければ、きっとリーズナブルな対応をしてくれると思います(追加で無料回答を行ってくれる場合もあるかもしれません)。

検索  を  の  から

会計・経理 知恵袋の他のQ&Aを見る



会計・経理 知恵袋法人税 知恵袋所得税 知恵袋消費税 知恵袋相続税・贈与税 知恵袋その他の税金 知恵袋その他 知恵袋