一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 知恵袋 > 会計・経理 > 予算書への記入方法・科目について

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

小林慶久 税理士
千葉県
小山登 税理士
大阪府
西山元章 税理士
大阪府
大西信彦 税理士
大阪府
内田英雄 税理士
大阪府
國村武弘 税理士
東京都
川崎晴一郎 税理士
東京都
小川雄之 税理士
大阪府
鈴木規之 税理士
静岡県
岩浅公三 税理士
京都府



予算書への記入方法・科目について
No.2515

予算書への記入方法・科目について

お名前:天下の副将軍 カテゴリー:会計・経理 知恵袋 質問日:2016年6月2日
一社法人の京都支部の年間予算書への記入方法(科目)についての質問です。
年間収入80万円(会費、助成金など)規模の団体ですが、予算書を作成するにあたり支出を計算すると30万円ほどの余剰金が発生する事になります。そこで予算書・支出欄に「次年度繰越金」として記入したこところ、理事から「支出欄に繰越金があるのはおかしい。予備費として計上してはどうか」との指摘がありました。
私は、予備費というのは本来調整金としての意味合いが大きいので、80万円規模の組織で30万円の予備費を計上するのは間違いだ。繰越金として計上すべき」といったのですが、理事は納得しません。そこで質問ですが、
1.予算書に次年度繰越金を計上するのはおかしい?間違い?でしょうか。
2.予備費に30万円を計上しても良いのでしょうか?



No.1 回答者:小山登 税理士 回答日:2016年6月2日
そうですね「公益法人会計基準」や「社会福祉法人会計基準」「学校法人会計基準」などによると収支の差額は、前期繰越金や次年度繰越金として予算書や決算書類で処理されています

ただ、単純かつ簡便な処理をする団体等では予算書のうえで収入(前期繰越金を含む)から支出を差し引きした金額をゼロとする慣行も多くあるようです
予算書で次期繰越金をゼロにして、すべて予備費に計上することも、ダメとは言えないでしょう

ただ、支出欄に繰越金があるからおかしいというなら、前年繰越金はどこに有るのですか・・・もし収入欄に前期繰越金が有るなら支出闌に次年度繰越金が有っても良いと思います。予算書の体裁を当期の収入と支出だけにして当年度収支差額をだし、次に前年繰越金を加算したあとに次年度繰越金を示せばいかがですか

予備費が多すぎるなら一般会計から特別会計に繰り出すことも考えてください

つまり・・・一般会計から周年事業積立会計や特別災害対策会計へ振り替えて予備費に計上する金額を少なくするのです

注) この回答は回答日時現在の各種法令、規則等に従い行われております。その後の法改正等に関するフォローについてはこの回答上では行っておりません。なお、この回答は回答者の経験、知識等に基づき行われておりますが、あくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

回答者 大阪府高槻市の小山公認会計士税理士事務所
この回答は  (役にたった/5件)



「最適税理士探索ネット」の趣旨に全く関係ない質問や回答等をされている場合は、運営者の判断により質問者や回答者への断りなしに該当事項を削除させていただきます。

税理士への相談は、基本的に、各税理士の報酬規程に沿って「有料」だとお考え下さい。詳しくは税理士本人にお問い合わせ願います(この場合、回答者のみにお問い合わせをお願いします)。
https://www.zeitan.net/chiebukuro/会計・経理/No2515 のご回答から追加でお話を伺いたいのですが、相談料はどのように考えればよろしいでしょうか』 と、税理士に配慮した丁寧なお尋ねをしていただければ、きっとリーズナブルな対応をしてくれると思います(追加で無料回答を行ってくれる場合もあるかもしれません)。

検索  を  の  から

会計・経理 知恵袋の他のQ&Aを見る



会計・経理 知恵袋法人税 知恵袋所得税 知恵袋消費税 知恵袋相続税・贈与税 知恵袋その他の税金 知恵袋その他 知恵袋