一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 知恵袋 > 所得税 > 不動産を共有している場合の青色申告決算書作成について

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

小林慶久 税理士
千葉県
西山元章 税理士
大阪府
大西信彦 税理士
大阪府
堀内勤志 税理士
東京都
内田英雄 税理士
大阪府
小山登 税理士
大阪府
福田和博 税理士
大阪府
國村武弘 税理士
東京都
小林拓未 税理士
東京都
瀬上格 税理士
熊本県



不動産を共有している場合の青色申告決算書作成について
No.2881

不動産を共有している場合の青色申告決算書作成について

お名前:なろ カテゴリー:所得税 知恵袋 質問日:2022年2月23日
青色申告特別控除額を65万円にしたいのですが、現在の状況では今回はID・パスワード方式でe-Taxで申告するしか方法がないことが分かりました。
ネットや本で散々調べていますが、途中で行き詰ってしまい、ぜひアドバイス頂戴できればと思います。

下記の状況です。

・不動産を両親で共有名義(父:55%、母:45%)で所有

・昨年は決算書の中身が同じもの(按分せずまとめたもの)を父、母の名前でそれぞれ作成し、貸借対照表の特殊事情に按分比を記載し、それぞれ青色申告特別控除55万円として税務署に申告していました。

・この度e-Tax送信のため、2人それぞれに按分した決算書の作成が必要となり、苦戦中です。

・本年分の2人分まとめた決算書は作成済みで、エラーも無いと思われます。

・2人それぞれの損益決算書は作成済みです。

・収入の内訳の「本年中の収入金額」もそれぞれの割合で計算しました。
(質問1:内訳のページ右欄の期末残高は保証金、敷金の動きがなければ昨年と同様で良いのでしょうか?それぞれ按分が必要でしょうか?)

・減価償却費は貸付割合をそれぞれの割合で計算し、「本年分の必要経費算入額」の合計と損益計算書の減価償却費は一致済みです。(質問2:減価償却費のページ右欄の「未償却残高」は按分前の2人分まとめた決算書の数値と同じで良いでしょうか?自分のやり方では2人分まとめたものと按分したものの違いは「貸付割合」と「本年分の必要経費算入額」のみですが、正しいでしょうか?)

・貸借対照表の期首の合計は「資産の部」、「負債・資本の部」で一致しましたが、期末が一致しません。「負債・資本の部」の期末の「青色申告特別控除前の所得金額」は損益決算書の数値と一致しています。

(質問3:現時点で2人分まとめた貸借対照表と按分したものの違いは「青色申告特別控除前の所得金額」のみのため、一致していないと思われますが、按分することによって貸借対照表のどの科目に反映されるべきなのか分かっておりません。そもそも減価償却の未償却残高の計算が違うのか、貸借対照表の期末の現金や普通預金やその他の科目も按分するのかなど分からないので、教えて頂きたいです。
現時点では期末の合計の差は100万ちょっとです。
ちなみにネットには事業主貸や事業主借で差を調整する方法も書いてありましたが、それは一般的にどのぐらいの程度なら認められるのでしょうか?)

以上、思いつくままに記載したため長文で読みづらく申し訳ありません。
また簿記の基礎知識もないため的外れであったり、伝わらない部分もあるかもしれませんが、分かる範囲でご教授いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。





「最適税理士探索ネット」の趣旨に全く関係ない質問や回答等をされている場合は、運営者の判断により質問者や回答者への断りなしに該当事項を削除させていただきます。

税理士への相談は、基本的に、各税理士の報酬規程に沿って「有料」だとお考え下さい。詳しくは税理士本人にお問い合わせ願います(この場合、回答者のみにお問い合わせをお願いします)。
https://www.zeitan.net/chiebukuro/所得税/No2881 のご回答から追加でお話を伺いたいのですが、相談料はどのように考えればよろしいでしょうか』 と、税理士に配慮した丁寧なお尋ねをしていただければ、きっとリーズナブルな対応をしてくれると思います(追加で無料回答を行ってくれる場合もあるかもしれません)。

検索  を  の  から



会計・経理 知恵袋法人税 知恵袋所得税 知恵袋消費税 知恵袋相続税・贈与税 知恵袋その他の税金 知恵袋その他 知恵袋