一括見積もり 税理士を選ぶ 無料相談・知恵袋 税理士を選んでもらう

トップページ > 知恵袋 > 会計・経理 > 給料と年末調整の関係

会員ID(メールアドレス)

次回から
自動入力 

新規登録はこちら[無料]
パスワードを忘れた方はこちら

小林慶久 税理士
千葉県
大西信彦 税理士
大阪府
内田英雄 税理士
大阪府
堀内勤志 税理士
東京都
西山元章 税理士
大阪府
國村武弘 税理士
東京都
小川雄之 税理士
大阪府
福田和博 税理士
大阪府
石井山正輝 税理士
広島県
川崎晴一郎 税理士
東京都



給料と年末調整の関係
No.1022

給料と年末調整の関係

お名前:momo カテゴリー:会計・経理 知恵袋 質問日:2012年7月7日
給料と年末調整の関係についてご質問します。
当社は主要取引先からの売上の入金が翌月5日なので、給料の支払いは月末締めで翌月10日となっております。給料の源泉税の支払いは翌月10日までですので、たとえば7月分給料は8月10日支払いですので、給料を支払うと同時に7月分の給料源泉税を支払いするため、時間がなく計算が大変です。特に、年末調整は1月にならないと年間集計ができないので厳しいです。そこで税務署に確認すると、何月分の給料かではなく、給料を支払った月の翌月10日までに源泉税納付ください。とのことでした。7月分の給料は8月10日支払いなので、7月分の給料源泉税は9月10日に納付するということになります。
ここでお尋ねしたいのは下記の通りです。
Q1.この方法で手続きすると、11月給料の支払いは12月10日ですから12月支払給与とされ年末調整を1月支払給与(前年12月分給与)から12月支払給与(当年11月分給与)で集計することとなり、1ヶ月ずれることになりますが、これでよいのでしょうか? 
Q2.これでよいのであれば、今後はこの方法に変更予定ですが、当社は前回までの年末調整を1月分給与(2月支払給与)から12月分給与(1月支払給与)で年間集計していましたので、毎年、12月分給与(1月支払給与)の源泉税を先払いしていたことになります。よって、今年の年末調整を12月分給与(1月支払給与)から11月分給与(12月支払給与)で集計すると昨年12月分給与(1月支払給与)の源泉税を二重払いすることとなりますので、1月分給与(2月支払給与)から1月分給与(12月支払給与)の11か月分の合計で年末調整することとなりますが問題ないですか?問題があれば改善策はないですか?(源泉票が年収が11か月分での集計となります。問題ないですか?)
Q3.12月賞与も1月10日払いですが、給与と同じでよいですか?
Q4.当社は12月決算ですが、経理上は12月給与を未払計上していますので、従前は年末調整と決算の人件費は一致しておりますが、変更後は1か月分のずれが発生しますが問題ないですか?



No.1 回答者:森川寛子 税理士 回答日:2012年7月7日
momo様
 初めまして。山口県の税理士森川寛子と申します。

Q1.について、それでよろしいです。
Q2.について、今年については2月支払給与から12月支払給与の11か月分の合計で
 問題ありません。
Q3.についても、給与と同じ考え方でよろしいです。
Q4.について、年末調整の給与と決算の給与が1か月分ずれていても、大丈夫です。

 年末調整の給与計算は支給時期での判定となっており、決算での給与総額は発生主義
で計算します。今後この方式で継続適用されれば、いずれも問題はありません。

注) この回答は回答日時現在の各種法令、規則等に従い行われております。その後の法改正等に関するフォローについてはこの回答上では行っておりません。なお、この回答は回答者の経験、知識等に基づき行われておりますが、あくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

回答者 山口県岩国市の森川寛子税理士事務所
この回答は  (役にたった/5件)

No.2 回答者:西山元章 税理士 回答日:2012年7月7日
momoさん  公認会計士・税理士の西山元章と申します。
よろしくお願いいたします。

源泉所得税の徴収及び納付については、現金主義(支払ったときに認識)ですが、momo③の会社は発生主義(給付原因が生じたときに認識)を適用されていたため、一連の疑問が発生しているわけですね。

概ね先の税理士先生のご回答で結構かと思いますが、源泉所得税を先払いされているわけですから、これをあるべき姿に戻すためには、1か月納付を飛ばすことになります。
こういった行為は、ある意味では税務署に疑念を抱かせることにもなり、あらかじめ、所轄税務署にご相談の上、指導を受けた方がよいかと思います。

注) この回答は回答日時現在の各種法令、規則等に従い行われております。その後の法改正等に関するフォローについてはこの回答上では行っておりません。なお、この回答は回答者の経験、知識等に基づき行われておりますが、あくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

回答者 大阪府大阪市北区の公認会計士・税理士西山元章事務所
この回答は  (役にたった/2件)



「最適税理士探索ネット」の趣旨に全く関係ない質問や回答等をされている場合は、運営者の判断により質問者や回答者への断りなしに該当事項を削除させていただきます。

税理士への相談は、基本的に、各税理士の報酬規程に沿って「有料」だとお考え下さい。詳しくは税理士本人にお問い合わせ願います(この場合、回答者のみにお問い合わせをお願いします)。
https://www.zeitan.net/chiebukuro/会計・経理/No1022 のご回答から追加でお話を伺いたいのですが、相談料はどのように考えればよろしいでしょうか』 と、税理士に配慮した丁寧なお尋ねをしていただければ、きっとリーズナブルな対応をしてくれると思います(追加で無料回答を行ってくれる場合もあるかもしれません)。

検索  を  の  から

会計・経理 知恵袋の他のQ&Aを見る



会計・経理 知恵袋法人税 知恵袋所得税 知恵袋消費税 知恵袋相続税・贈与税 知恵袋その他の税金 知恵袋その他 知恵袋